FC2ブログ

あしたのジョー関連雑誌レポ

映画「あしたのジョー」応援サイト 
↑ 山下智久(山P)主演映画「あしたのジョー」応援サイト ↑



  本日発売の雑誌は、 non-no 3月号Clubism 2月号オトナファミ 3月号Hanako No.988ススめる!ぴあキネマ旬報 №1574DVD&ブルーレイでーた 2月号が山下くん関連。

DVD VISION 2月号 (インタビュー/香川照之、ちばてつや) 、SWITCH 2月号 (インタビュー/香川照之) 、mina 3月号 (シネマレビュー) 、池袋15’DVDstationSyun!北海道ウォーカー福岡ウォーカーVIDEO INSIDER JAPAN(映画紹介) が映画「あしたのジョー」関連です。

オトナファミ 3月号(表紙は「丹下段平姿の香川照之さん)
実写の役者のインタビュー7ページ(山下くんのページは2ページで写真は2カット)+原作&アニメのジョーの特集が8ページ(内ちばてつや先生のインタビュー4ページ)
実写映画ファン、原作「あしたのジョー」ファン、アニメ「あしたのジョー」・「あしたのジョー2」ファンにオススメの1冊です。
役者のインタビューは、ジョー役の山下智久、力石徹役の伊勢谷友介、丹下段平役の香川照之、白木葉子役の香里奈、マンモス西役の勝矢。といったメンバー。それぞれ役についてや「演じてみたかったシーンは?」といった質問に答えていました。
ちなみに、山下くんはジョーとして演じてみたかったのは「パチンコ(をしてるシーン)」と答えが。
ジョーの魅力ということで、『あしたのジョー意外な名場面100』として原作、アニメ(あしたのジョー2も)の解説のほか、ちばてつや先生のインタビューは4ページあり、「オトナファミ」向けな「あしたのジョー」好きへ贈る特集といった感じでした。
 

DVD&ブルーレイでーた 2月号
(ジョー関連は5ページ、内2ページがアニメジョー特集)
山下くんと曽利文彦監督の対談は見開き2ページ内の下半分の1/2ペースにて。
力石戦は撮影したのに確認するとデータが飛んでいて、現場の空気がかなり重くなったということ。でも、あしたのジョーは1回で”OK”にはさせないという神様がそうさせたんだと思うということで頑張ったとのこと。それによりリテイクでさらに良いものになったということをお話していました。
 

キネマ旬報 №1574(山下&伊勢谷各1ページ、現場レポート2ページ)
山下くんと伊勢谷さんの紹介&インタビューがカラーで1ページずつ。(グラビアは1カット)
現場レポートはモノクロページで使用写真は他メディアで既出のものでした。
また、2月9日にキネマ旬報臨時増刊号『KINEJUN PLUS(仮)』が発売されるとのこと。
表紙は山下&伊勢谷で巻頭特集であしたのジョーを取り扱う内容だそうです。
 

ススめる!ぴあ(山下くん2ページ、曽利文彦監督1ページ)
山下くんのインタビューは2ページで内、グラビア1ページ&インタビュー1ページの構成。このインタビューはジョーを演じた俳優としてのインタビューといった感じで、演じた上での語りが聞けたという感じの内容でした。じっくり読んで下さい。(山下くんのグラビアは1カットですが、この1カットが個人的に好み)
曽利文彦監督のインタビューでは、『いかに“CG”を排除するか』ということに拘り、98%はライブ撮り残り2%はどうしても人間では表現できないところにCGを使ったとのこと。
人間では表現できないシーンとして、クロスカウンターでは『従来の日本にはなかった最先端のCG技術を導入した』とのこと。
次号、2/3の予告に「表紙:あしたのジョー」の文字が。ただ、記事の予告には特にジョー関連はなかったので、表紙だけ??
  

DVD VISION 2月号
(ジョー関連2ページで、インタビューとして香川照之、ちばてつや)
香川さんのインタビューでは、丹下段平のメイクには2時間30分かかること、メイクは自分が提案した。『僕はやりすぎ俳優ですから(笑)』と。
段平のメイクをしていると、『俳優というよりもボクシングの監修というつもりでいましたからね(笑)』といったことを語っていました。
ちば先生のインタビューでは、脚本には最初「真っ白に燃え尽きた」というセリフがあったけれど、それは原作ではジョーの終盤のセリフ。今回の映画の力石戦までではまだそれは早いということで納得してもらった。といったことなども話していました。
 

Hanako No.988はグラビア3ページで4カット。
黒スーツに赤いネクタイ、手にはハットを持って(被ってません)というグラビア。
インタビューはジョーのこととアイドルについて。
仕事ではドキドキ、ワクワクしているけれど同時になにかに脅えている。どこかに危機感があってそれを消すために努力し続け勉強するハングリーな気持ちをもっていると語り『でも、コンサートの時だけは思い切り笑えるんです……ほんとうに楽しいから』という言葉が印象的でした。
 

non-no 3月号はグラビア2ページ。
シャツにジーンズといったシンプルな衣装で全身像とバストショットの2カット。
山下くん的「あしたのために7か条」が語られていました。


Clubism 2月号は表紙&グラビア2ページ。
衣装は黒ジャケットに青のインナー、黒のジーンズ。
グラビアは表紙と同じ衣装で、2ページに3カット写真がありました。
 

SWITCH 2月号 (インタビュー/香川照之) 、mina 3月号 (シネマレビュー) 、池袋15’DVDstationSyun!北海道ウォーカー福岡ウォーカーVIDEO INSIDER JAPAN(映画紹介)はチェックできませんでした。
 


 山P「はだかんぼー」&アルバムの応援の仕方
 dwango.jpにて「はだかんぼー」先行配信中
 レコチョクにてアルバム曲さきどり配信中 
 山Pステーション (ytp0409) on Twitter
   
↓ランキングに参加しています。ポチっと押してくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへAll Johnny's Fan ブログランキングジャニーズブログランキング ジャニラブ ジャニーズ情報
 山下くんの情報がなにかありましたら↓コメントに連絡頂けたら嬉しいです。

2011年01月20日 映画「あしたのジョー」 トラックバック:- コメント:0

<< あしたのジョー関連企画&イベント | 山PステーションTOP | 「はだかんぼー」CM&レコチョクでアルバム曲 >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |