FC2ブログ

『Marching J』の発足&ブログ更新停滞の可能性

本日、スポーツ紙面各紙にて、ジャニーズ事務所による東日本大震災の被災者支援プロジェクト「Marching J」が発表されました。

ジャニーズ、史上初の勢揃い!東北のため、83人集合!!
…4・1から3日間 代々木第一体育館で募金イベント
(報知)
ジャニーズ月イチ全員参加で募金活動(日刊)
オールジャニーズ復興プロジェクト(デイリー)
4・1から3日間 ジャニーズ“全員”で募金活動(スポニチ)
ジャニーズ総出!復興プロジェクト(サンケイ)
史上初!ジャニーズ全員集合 代々木で4月1-3日 募金活動(中日)
ジャニーズ史上初!全83人が募金活動!(テレビ朝日)


 ジャニーズ事務所の全所属タレントによる東日本大震災の被災者への募金活動が4月1日から3日まで、東京・代々木第1体育館前で行われる。最年長の近藤真彦(46)から「少年隊」「SMAP」「嵐」ら計83人が代わる代わる登場し、ファンに支援を訴える。また、同事務所の災害救援プロジェクト「Marching J」が発足することも発表された。

 イベントにはタレントやグループが代わる代わる参加。常時、10数人がステージ上でトークを繰り広げ、ジャニーズJrや研究生が持つ募金箱への寄付を呼びかける。グループ全員がそろって登場しない時もあるという。

 雨天決行で、開催時間は3日とも午前10時~午後6時(受け付けは同5時まで)。83人が計24時間のうちのどこかで会場に姿を現すが、混乱を避けるため、各グループ・タレントが登場する時間帯は発表されない。「V6」の井ノ原快彦(34)と赤西仁(26)は仕事の都合で参加しない。
スポニチより一部抜粋)


今回の募金活動については、ファンクラブからのメール等で「◆参加にあたってのご注意◆」などがされていますが、タレントに会いたいという気持ちが先走り過ぎて、本来ならば善意であったはずの行動が、混乱や問題になることなく無事に終わることを祈っています。

続きを読むからは、
管理人の現状&更新停滞の可能性、募金支援での有効な方法について です。


管理人の現状&更新停滞の可能性、募金支援での有効な方法

管理人のイクミの現状としては、自宅は今だライフラインは完全復活しておらず、最後となる都市ガス配給がきていない状況です。
とはいえ、仙台市内は津波で直接被害のあった場所以外は、4月にはライフラインの完全復活が見込まれるだろう……といった状態にまで回復しつつあります。

運搬ラインも、大手のヤマト運輸や佐川急便の個人宅への利用が可能になり、Amazon等の通販ショップの利用等も出来るようになりました。
(そのおかげで、救援物資がある程度確保できました)

お店も食パンや玉子、カセットボンベ等には1家族1つといった制限がかけられていますが、当初の品物の内容に限らず1家族「10点まで」といった数での購入制限は解除され、少しずつ普段の物資が入り買い物もだいぶできるようになりました。

とはいえ。
まだまだ品薄であり、お店の開店時間も15時や18時までといった普段よりも早い時間に閉店してしまうので(品物がなくなったらそれよりも早く閉店)、その時間に働いている人が購入できない&体力的に問題があり買い物に行けない人が自宅難民化して孤立している……といった問題が起こっていて、まだまだ落ち着いた生活……とは到底いえない状況です。

そんな現状ですが。
ようやく、東北の高速道路&地元の島へ船での行き来が可能といった交通ラインが開通したことがわかったので、一度、津波と火事で壊滅的な被害を受けた地元へ救援物資の運搬&島で孤立していた祖母ら親戚の引越しの手伝いに行くことを決めました。

地元はまだまだライフラインが復活しておらず、かろうじて父母らが住む実家のエリアは電気のライフラインは生きているので携帯充電等はなんとかなりますが、電話の基地局の壊滅、アナログテレビの送信所の壊滅によりアナログテレビの受信に問題発生、ケーブルネットワーク本部の壊滅……等、通信手段に色々と問題があるので、現地入りしてしまうと情報が不自由な状況にあるかと。

その為、しばらく更新が停滞していた場合は、そちらに行っている……と思って頂けたら。

まだまだ先は見えない状況ですが、それでも少しずつ良い方向に向かっている……という気持ちで頑張ってきます。


4月1~3日の山下くんの大阪公演は無事に開催されるようなので、私は参加できませんが、ぜひ、皆さん楽しんできてもらえたらなと。
こんな時に楽しめる気持ちでない…という方もいるかもしれませんが、参加できるのであれば行けない人の分も沢山楽しんで盛り上げて、活気づけて、経済をどんどん回していって欲しいです。

そして、楽しい話題は私にとってはいい気分転換になるので、もしよかったらコンサートの感想などをコメント等から聞かせて頂けたら嬉しいです。


で、ここからは募金等、物資ではない支援での有効方法についてです。

現在、多くの団体がさまざまな形で「募金」を募っていますが、どこへお願いするのが一番有効なのか……と迷われている方もいるかと思います。
正直、多すぎて、これが「いつ」「どのように使われる」ことになるんだろう?と疑問視してしまうものもあります。

私個人の考えとしては……
団体への募金も「いずれ」は使い道が定められて、「長期的な支援」には使われるとは思います。
ただ、現状をみると。
それらの団体の募金が「現場ですぐ」に使うことが出来るのか?と考えた場合、色々と手続き等を踏んだりしてすぐには使えないのではないか……と思うのです(※ これはあくまで個人的な考えであり、実際は違うのかもしれません)

被災地では、ほかの判断をまたず「自分たちの判断ですぐに使えるお金」がもっとも必要としているものだと思います。
そういった観点からみると、各県または市で直接募集している口座への振り込みが、被災地へ今出来るもっとも有効的な寄付の仕方ではないでしょうか。

たとえば、宮城県宮城県のHP)であれば……

宮城県への寄附金/義援金の受付

仙台市災害ボランティアセンター/仙台市社会福祉協議会への募金
といった形で募金を募っています。

津波の被害の影響が大きい地方の復旧のためには、まず津波によって壊れた家屋、打ち上げられた船舶、瓦礫や土砂の撤去が最優先です。
寄附金」はそういった災害復旧への大きな力となります。

一例として宮城県をあげてみましたが、他の各県でも目的に応じた地方自治体の判断で動かせるお金を必要としている告知が出ているかと思います。

もし、募金等に協力いただける方は、こういったピンポイントでの地域直接支援の募金にも目を向けていただけたら…

2011年03月30日 メディア情報 トラックバック:- コメント:0

<< 安室さんとのコラボ曲収録アルバム4/27発売決定 | 山PステーションTOP | 3/29「映画クロサギ」放送&北海道公演は5月に >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |