FC2ブログ

(4) 「ドクターヘリ」ドキュメント番組について

先日、43沖縄TVで「ドクターヘリ」をテーマにした番組が放送されました。

タイトルは「ヘリコプターを私にください~すべては命のために~」で沖縄を舞台としたドキュメンタリーだったようです。

この番組は、フジテレビの企画「43FNSドキュメンタリー大賞」に沖縄TVが参加し出展した作品だそうですが、
この「FNSドキュメンタリー大賞」は昨年の状況をみると……
141第16回FNSドキュメンタリー大賞放送一覧
地元局と関東ローカル局で放送されるようです。

現状では、このドキュメンタリーが地元局以外でいつ放送されるかは不明ですが、フジ系列でありコード・ブルーのドラマの題材にも絡んでくるので、近いうちに放送されるのでは(あくまで個人的な推測です)…と思い、下記に内容の説明文を引用しました。

そういえば、出演者である新垣結衣さん比嘉愛未さんは沖縄出身でしたね
 
 

OTV報道スペシャル
「ヘリコプターを私にください~すべては命のために~」

沖縄TV 5月31日(土) 13:00~13:54

 「救える命を救いたい」-去年6月、沖縄本島北部・やんばると呼ばれる地域で、小さな民間病院・北部地区医師会病院(名護市)がドクターヘリ事業に乗り出した。

 背景には、慢性的な医師不足に悩む過疎地や周辺離島の厳しい現実がある。
 患者は絶対見捨てない。南の島の救命医は常識はずれの挑戦を続けている。
 ヘリの費用は患者に一切要求しない。要請があれば、事故現場へ、急病人のいる村へ、通報から15分で駆け付ける。
 医師たちはどんな想いでヘリを飛ばしているのか。
 それは、ただでさえ予算のない、小さな病院の医師たちが手探りで始めた、医療をめぐる現実への挑戦だった。

 しかし、膨大な経費を必要とするドクターヘリ事業。この地域の小さな病院だけで費用をまかなっていけるのは、二年間が限界だった。
 発足から約一年が経過し、空飛ぶ医療チームに残された時間は、あとわずかとなっていた。
 過疎の村を、無医村を、離れ小島に生きる人々を救う民間のドクターヘリは、果たして明日も飛び続けることができるのだろうか。

 番組では、救命医に半年間、密着。
 厳しい現実に立ち向かうドクターたちの想いとあわせて、ヘリによって命を救われた人々の声をお伝えする。
                             (沖縄TVより引用) 


関連サイト
 141北部医師会病院 救急ヘリチーム「MESH」
 141NPO法人 MESHサポート

ドラマの題材としてだけではなく、こういった現状に目を向ける
きっかけになれば……と思い、記事として取り上げました。

 



 

↓ランキングに参加しています。ポチっと押してくださると嬉しいです↓
ジャニラブ ジャニーズ情報FC2 Blog Rankingジャニーズブログランキング
 

2008年06月02日 コード・ブルー予備知識 トラックバック:- コメント:0

<< 6月2日の更新 | 山PステーションTOP | 6月1日の更新 >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |